暑中見舞いの文例・1

暑中見舞いの文例・1

暑中見舞い文例は、これから暑中見舞いを書こうと思っている方にとってとても気になりますよね。
暑中見舞いや残暑見舞いなどは季節の挨拶状となります。
ですので、とくにこれといって決まった形式というものがありません。
暑中見舞い文例は、書籍などでも公開されているのですがインターネットを使える方はインターネットから暑中見舞い文例を探してみると便利で簡単ですよ。
ここでは暑中見舞い文例をご紹介したいと思います。
まず、安否を気遣う言葉や先方の無事を祈る言葉の文例です。
暑中見舞いの場合「皆様のご健勝とご自愛をお祈り申し上げます」「お体を大切にお過ごしください」「いかがお過ごしでしょうか」「ご自愛のほどお祈り申し上げます」などがあります。
この言葉の前には、残暑が続いておりますが・昨年にも増して暑さが感じられますなどの言葉を入れていくと良いですね。
暑中見舞いを書くときの注意ですが、自分のことばかりを書いてしまったり、季節感のないような文章にならないようにしましょう。
暑中見舞いや残暑見舞いなどの季節の挨拶状は簡潔に、涼しげな印象を与えるような文章を心がけてみると良いですね。
プライベートで送る暑中見舞いの場合、「連日暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は元気でやっています。
」と、近況報告を添えて書いても良いと思いますし、近々田舎へ帰るなどの予定があれば「○月○日には帰ります」などの予定を書いても良いですね。
プライベートの暑中見舞いと、企業向けの暑中見舞いは暑中見舞い文例も多少変わっていきます。
企業やビジネス向けの暑中見舞いの場合、「暑中見舞い申し上げます。
平素は格別のお引き立てにあずかり厚く御礼申し上げます。

暑さ厳しき折柄ご自愛下さい。
今後ともなお一層ご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。
」期間中お店を休む場合などは、これらの文章の後に「さて、誠に勝手ながら夏季休暇として下記のとおり休業いたします。
」などの文章を書き、休業する日にちを書くようにしましょう。
暑中見舞い文例を見ていると、頭語と結語が無いことに気づきます。
実は暑中見舞いには頭語と結語が必要ないのです。
ビジネスで暑中見舞いを出す場合は、十分注意するようにしましょう。
また、期限を守って出すのもマナーのひとつとなります。
暑中見舞いは、梅雨が明けた頃から8月7日までとなり、8月8日〜8月末日になると残暑見舞いに変わります。
季節の挨拶状を出す時期もしっかり把握しておきましょう。
暑中見舞い文例はとても堅苦しく見えてしまいます。
ですが、元々決まった形式が無いものなのでそこまで堅苦しく考えずに暑中見舞いを出してみてはいかがでしょうか。
身近な人から暑中見舞いが送られてくるとやっぱり嬉しいものですよね。

関連ページ

暑中見舞いの例文・2
暑中見舞い、書いていますか?年賀状と比べて、そんなに送ることはないかもしれません。このサイトでは、暑中見舞いの書き方を例文や文例などと一緒に紹介しています。
暑中見舞いのテンプレートは?
暑中見舞い、書いていますか?年賀状と比べて、そんなに送ることはないかもしれません。このサイトでは、暑中見舞いの書き方を例文や文例などと一緒に紹介しています。